kyoryu のすべての投稿

流体力学セミナー

皆様、6/26日(月)の流体力学セミナーを御案内いたします。
御来聴歓迎いたします。

日時:2016年 6月 26日(月) 15:00 から 16:30

場所: 京都大学 数理解析研究所 204号室

講師: Prof. Tamer A. Zaki
(Mechanical Engineering, Johns Hopkins University)

講演題目:
LARGE-SCALE STRUCTURES IN TRANSITIONAL AND TURBULENT BOUNDARY LAYERS

講演要旨:
In transitional and turbulent boundary layers, an interface separates
the non-turbulent and turbulent regions of the flow. In the transition
zone, this interface surrounds localized patches of turbulence that
are formed sporadically and spread to consume the surrounding laminar
flow. In the turbulent regime, the interface marks the free-stream
edge of the boundary layer and separates the vortical near-wall motion
from the outer potential flow. Using direct numerical simulations, we
examine characteristics of this turbulent/non-turbulent (T/NT)
interface. In the case of transition we relate its formation, or the
inception of turbulence patches, to the streaky structures known as
Klebanoff distortions. In the fully turbulent boundary layer,
statistical evidence is presented that the interface is locally
modulated by the large-scale velocity perturbations in both the
streamwise and spanwise directions. The modulation is different when
the coherent structure is high- versus low-speed motion: high-speed
structures lead to a wedgeshaped deformation of the T/NT interface,
which causes an anti-correlation between the angles of the interface
and the internal shear layer. On the other hand, low-speed structures
are correlated with crests in the interface. Finally, the sudden
changes in turbulence statistics across the interface are in line with
the changes in the population of low-speed structures, which consist
of slower mean streamwise velocity and stronger turbulence than the
high-speed counterparts.

+–+–+–+–+–+–+–+–+–+–+–+–+–+–+–+–+–+–+–+–

世話人:山田 道夫(京大数理研), 竹広 真一(京大数理研),
    藤 定義(京大),松本 剛(京大理)
アドバイザー:水島 二郎(同志社大工), 余田 成男(京大理)
連絡先:山田道夫 yamada_at_kurims.kyoto-u.ac.jp
=========================================================

流体物理学ゼミナール2017/5/30

みなさま

流体研M1の丸石です。
第7回の流体物理学ゼミを以下の通り行います。
ご都合の合う方はご参加ください。

日時:【5月30日(火)13:30〜】
場所:理学研究科5館 413号室
発表者: 丸石崇史
範囲: 3.4.2 The Lorenz Equations
(ローレンツ方程式を例にカオスの典型的な性質を見てみよう、という内容です)

教科書のコピーを開始時に配布します。
よろしくお願いします。

論文紹介2017/5/23

皆様、

流体研M2の岸です。

日時: 5/23 火 15:00-
場所: 理学研究科5号館413号室
発表: 岸達郎
論文: “Turbulent pair dispersion as a continuous-time random walk”
Simon Thalabard, Giorgio Krstulovic and Jéré mie Bec

乱流相対拡散について、そのPDFが渦拡散モデルによるものから逸脱する原因を non-Markov性にあるとし、n区分的に弾道伸長するモデル で表現することを提案 しています。

至らぬ点があると思いますが、
よろしくお願いします。

流体物理学ゼミナール2017/5/16

みなさま

流体研M1の山田です。
第4回の流体物理学ゼミを以下の通り行います。
ご都合の合う方はご参加ください。

日時:5月16日(火)13:30〜
場所:理学研究科5号館 413号室
発表者:山田遥
範囲: 前回の続きから
(3.3.3 〜)

教科書のコピーを開始時に配布します。
よろしくお願いします。

論文紹介2017/5/16

皆様

数理研D1の石川です。

論文紹介のお知らせを致します。

日時: 5/16 火 15:00頃-

場所: 理学研究科5号館413号室

発表: 石川 寿雄

論文: Chantry, Matthew, Laurette S. Tuckerman, and Dwight Barkley.

“Turbulent–laminar patterns in shear flows without walls.”

Journal of Fluid Mechanics 791 (2016): R8.

DOI: https://doi.org/10.1017/jfm.2016.92

平面 Couette 流の壁から離れた部分の流れが、
Waleffe flow (応力なし境界条件と sinusoidal な外力を課した系)
によって良く近似される、という内容です。
さらに平面 Poiseuille 流や円管流に対しても、
「応力なし境界条件+外力」のモデル化を提案しています。

よろしくお願いいたします。

————————————-
石川 寿雄(Toshio ISHIKAWA)
京都大学大学院理学研究科
数学・数理解析専攻 数理解析系 博士1年
toshio’at’kurims.kyoto-u.ac.jp
pmahthyemsatics.14or0’at’gmail.com

論文紹介2017/5/9

皆様

流体研D2の蛭田です。

日時: 5/9 火 15:00-
場所: 理学研究科5号館413号室
発表: 蛭田佳樹
論文: “Streamwise decay of localized states in channel flow”
Stefan Zammert and Bruno Eckhardt
DOI:: 10.1103/PhysRevE.94.041101

チャネル流の局在構造の裾部分の性質を線形モデルを用いて解析した論文です。
上流及び下流側の局在構造のdecay lengthおよびwall-nomalのプロファイルを
線形モデルの結果と厳密解で比較し、
矛盾しないという結果が得られています。

至らぬ点があると思いますが、
よろしくお願いします。


蛭田 佳樹 HIRUTA Yoshiki
Fluid Physics Group,
Division of Physics and Astronomy,
Graduate School of Science,
Kyoto University, Japan
E-mail: hiruta’at’kyoryu.scphys.kyoto-u.ac.jp