kyoryu のすべての投稿

流体物理学ゼミナール

流体研M1の大西です。

2019年度第8回の流体物理学ゼミを以下の通り行います。

日時:【7月2日(火) 13:30〜】

場所:理学研究科5号館413号室

発表者:大西

教科書:坪田 誠『量子流体力学』(丸善出版,2018)

第2.4節「2.4.1 Gross Pitaevskii方程式」のBogoliubov近似からスタートします。

以上よろしくお願いします。

流体物理学ゼミナール

流体研M1の大西です。

2019年度第7回の流体物理学ゼミを以下の通り行います。

日時:【6月25日(火) 13:30〜】

場所:理学研究科5号館413号室

発表者:大西

教科書:坪田 誠『量子流体力学』(丸善出版,2018)

第2.3節「2.3.3 対称性の破れと秩序変数」の始めからスタートします。

以上よろしくお願いします。

流体物理学ゼミナール

流体研M1の大西です。

2019年度第5回の流体物理学ゼミを以下の通り行います。

日時:【6月4日(火) 13:30〜】

場所:理学研究科5号館413号室

発表者:大西

教科書:坪田 誠『量子流体力学』(丸善出版,2018)

第2.3節「Bose凝縮と巨視的波動関数」のハミルトニアンの書き換えから始めます。

以上よろしくお願いします。

流体物理学ゼミナール

流体研M1の大西です。

2019年度第4回の流体物理学ゼミを以下の通り行います。

日時:【5月28日(火) 13:30〜】

場所:理学研究科5号館413号室

発表者:大西

教科書:坪田 誠『量子流体力学』(丸善出版,2018)

第2.1節「量子統計力学の基礎」の理想Fermi気体の性質から始めます。

以上よろしくお願いします。

流体物理学ゼミナール

流体研M1の中田です。

2019年度第3回の流体物理学ゼミを以下の通り行います。

日時:【5月14日(火) 13:30〜】

場所:理学研究科5号館413号室

発表者:中田

教科書:Microhydrodynamics, Brownian Motion, and Complex Fluids

1.1.2「Deformation Tensors」から始めます。

以上よろしくお願いします。

流体物理学ゼミナール

流体研M1の大西です。

2019年度第3回の流体物理学ゼミを以下の通り行います。

日時:【5月14日(火) 13:30〜】

場所:理学研究科5号館413号室

発表者:大西

教科書:坪田 誠『量子流体力学』(丸善出版,2018)

第2章「量子流体力学の基礎」の最初から始めます。

以上よろしくお願いします。

論文紹介2019/04/23

皆様

流体研M2の酒井です。
今日の論文紹介のお知らせをします。
よろしくお願いします。

以下詳細です。

日時:4/23(火)15:00〜
場所:理学研究科5号館413
発表者:酒井亮
論文:”On the Kolmogorov and frozen turbulence in numerical simulation of capillary waves”
AN Pushkarev – European Journal of Mechanics-B/Fluids, 1999

要旨:
表面張力波は3波共鳴条件を満たす波ですが、周期境界を課した有限系では
とれる波数が離散化されることにより共鳴条件を満たせなくなります。
その結果エネルギーが低波数から高波数へ移動しなくなる「凍結」が起こります。
このことについてシミュレーションを行ったという論文です。

流体物理学ゼミナール

みなさま

流体研新M1の大西、中田、平野です。

2019年度第1回の流体物理学ゼミを以下の通り行います。

日時:【4/16(火)13:30〜】

場所:理学研究科5号館413号室

発表者:平野

教科書:Joseph Katz『INTRODUCTORY FLUID MECHANICS』(CAMBRIDGE UNIVERSITY PRESS,2010)

教科書の第1章「Basic Concepts and Fluid Propertise」から読み始めます。

発表者:中田

教科書:Michael D. Graham『Microhydrodynamics, Brownian Motion, and Complex Fluid』(CAMBRIDGE UNIVERSITY PRESS,2018)

教科書の第1章「Kinematics, Balance Equations, and Principles of Stokes Flow」から読み始めます。

発表者:大西

教科書:坪田 誠『量子流体力学』(丸善出版,2018)

教科書の第1章「量子流体力学への誘い」から読み始めます。

以上、よろしくお願いします。

流体力学セミナー

流 体 力 学 セ ミ ナ ー

(京都大学応用数学セミナー(KUAMS)との共催)

日時:  9月14日(金) 15:00 から 16:30

場所:  京大 理学研究科 物理学教室(理5号館) 401号室

講師: Uriel Frisch 氏
Laboratoire Lagrange, Observatoire and Universite Cote d’Azur
Nice, France

講演題目:The mathematical and numerical construction of
turbulent solutions for the 3D incompressible Euler
equation and its perspectives

講演要旨:

Starting with Kolmogorov’s 1941 (K41) work, infinite Reynolds number
flow is known to have velocity increments over a small distance r that
vary roughly as the cubic root of r. Formally,  such  flow  is  expected  to
satisfy  Euler’s  partial differential  equation,  but  the  flow  being
not  spatially differentiable, the equation is satisfied only in
a distributional sense. Since Leray’s 1934 work, such solutions are called
weak. Actually  they  were  already  present  –very  briefly–  in
Lagrange’s 1760/1761 work on non-smooth solutions of the wave equation.
A  major  breakthrough  has  happened  recently: mathematicians  succeeded
in  constructing  rigourously  weak solutions  of  the  Euler  equation
whose  spatial  regularity  –measured by their Hölder continuity exponent–
is arbitrarily close to the value predicted by K41 (Isett 2018), Buckmaster et
al. 2017). Furthermore these solutions present the anomalous energy dissipation
investigated by Onsager in 1949 (Ons49). We shall highlight some aspects of
the derivation of these results which took about ten years and was started
originally by Camillo de Lellis and Laszlo Szekelyhidi and continued with a
number  of  collaborators.  On  the  mathematical  side  the derivation makes
use of techniques developed by Nash (1954) for isometric embedding and by Gromov
(1986, 2017) for convex  integration.  Fortunately,  many  features  of  the
derivation  have  a  significant  fluid  mechanical  content.  In particular
the successive introduction of finer and finer flow structures, called Mikados
by Daneri and Szekelyhidi (2017) because  they  are  slender  and jetlike.
The Mikados generate Reynolds stresses on larger scales; they can be chosen
to cancel discrepancies between approximate and exact solutions of the Euler
equation. A particular engaging aspect of the construction of weak solutions
is its flexibility. The Mikados can be chosen not only to  reproduce  K41/Ons49
selfsimilar  turbulence,  but  also  to synthesize  a  large  class  of
turbulent  flows,  possessing,  for example,  small-scale  intermittency
and  multifractal  scaling. This huge playground must of course be explored
numerically for testing all manners of physical phenomena and theories, a
process being started in a collaboration between Leipzig, Nice, Kyoto and Rome.

(in collaboration with Laszlo Szekelyhidi,Department of Mathematics,
University of Leipzig, Germany and Takeshi Matsumoto,Department of
Physics, Kyoto University, Japan)

+–+–+–+–+–+–+–+–+–+–+–+–+–+–+–+–+–+–+–+–
世話人:山田 道夫(京大数理研), 竹広 真一(京大数理研),
藤 定義(京大理),松本 剛(京大理)
連絡先:山田道夫 yamada_at_kurims.kyoto-u.ac.jp
=========================================================