kyoryu のすべての投稿

流体力学セミナー

流 体 力 学 セ ミ ナ ー

(京都大学応用数学セミナー(KUAMS)との共催)

日時:  9月14日(金) 15:00 から 16:30

場所:  京大 理学研究科 物理学教室(理5号館) 401号室

講師: Uriel Frisch 氏
Laboratoire Lagrange, Observatoire and Universite Cote d’Azur
Nice, France

講演題目:The mathematical and numerical construction of
turbulent solutions for the 3D incompressible Euler
equation and its perspectives

講演要旨:

Starting with Kolmogorov’s 1941 (K41) work, infinite Reynolds number
flow is known to have velocity increments over a small distance r that
vary roughly as the cubic root of r. Formally,  such  flow  is  expected  to
satisfy  Euler’s  partial differential  equation,  but  the  flow  being
not  spatially differentiable, the equation is satisfied only in
a distributional sense. Since Leray’s 1934 work, such solutions are called
weak. Actually  they  were  already  present  –very  briefly–  in
Lagrange’s 1760/1761 work on non-smooth solutions of the wave equation.
A  major  breakthrough  has  happened  recently: mathematicians  succeeded
in  constructing  rigourously  weak solutions  of  the  Euler  equation
whose  spatial  regularity  –measured by their Hölder continuity exponent–
is arbitrarily close to the value predicted by K41 (Isett 2018), Buckmaster et
al. 2017). Furthermore these solutions present the anomalous energy dissipation
investigated by Onsager in 1949 (Ons49). We shall highlight some aspects of
the derivation of these results which took about ten years and was started
originally by Camillo de Lellis and Laszlo Szekelyhidi and continued with a
number  of  collaborators.  On  the  mathematical  side  the derivation makes
use of techniques developed by Nash (1954) for isometric embedding and by Gromov
(1986, 2017) for convex  integration.  Fortunately,  many  features  of  the
derivation  have  a  significant  fluid  mechanical  content.  In particular
the successive introduction of finer and finer flow structures, called Mikados
by Daneri and Szekelyhidi (2017) because  they  are  slender  and jetlike.
The Mikados generate Reynolds stresses on larger scales; they can be chosen
to cancel discrepancies between approximate and exact solutions of the Euler
equation. A particular engaging aspect of the construction of weak solutions
is its flexibility. The Mikados can be chosen not only to  reproduce  K41/Ons49
selfsimilar  turbulence,  but  also  to synthesize  a  large  class  of
turbulent  flows,  possessing,  for example,  small-scale  intermittency
and  multifractal  scaling. This huge playground must of course be explored
numerically for testing all manners of physical phenomena and theories, a
process being started in a collaboration between Leipzig, Nice, Kyoto and Rome.

(in collaboration with Laszlo Szekelyhidi,Department of Mathematics,
University of Leipzig, Germany and Takeshi Matsumoto,Department of
Physics, Kyoto University, Japan)

+–+–+–+–+–+–+–+–+–+–+–+–+–+–+–+–+–+–+–+–
世話人:山田 道夫(京大数理研), 竹広 真一(京大数理研),
藤 定義(京大理),松本 剛(京大理)
連絡先:山田道夫 yamada_at_kurims.kyoto-u.ac.jp
=========================================================

流体物理学ゼミナール2018/06/19

みなさま

流体研M1の酒井です。
2018年度前期第7回の流体物理学ゼミを以下の通り行います。

日時:【6/19(火) 13:30〜】
場所:理学研究科5号館 413号室
発表者: 酒井
教科書: 田中光宏『非線形波動の物理』(森北出版,2017)

前回の続き(第4章始め~)から始めます。

以上、よろしくお願いします

流体物理学ゼミナール2018/06/12

みなさま

流体研M1の酒井です。

2018年度前期第6回の流体物理学ゼミを以下の通り行います。

日時:【6/12(火) 13:30〜】
場所:理学研究科5号館 413号室
発表者: 酒井
教科書: 田中光宏『非線形波動の物理』(森北出版,2017)

前回(5/15)の続き(3.3.2〜)から始めます。

以上、よろしくお願いします。

流体物理学ゼミナール2018/05/15

みなさま

流体研M1の酒井です。
2018年度前期第5回の流体物理学ゼミを以下の通り行います。

日時:【5/15(火) 13:30〜】
場所:理学研究科5号館 413号室
発表者: 酒井
教科書: 田中光宏『非線形波動の物理』(森北出版,2017)

前回の残りと続き(3.2.6〜)から始めます。

以上、よろしくお願いします。

論文紹介2018/05/15

皆様

流体研D3の蛭田です。

日時: 5/15 火 15:00-
場所: 理学研究科5号館413号室
発表: 蛭田佳樹
論文: “Fully localized post-buckling states of cylindrical shells under axial compression”
Tobias Kreilos and Tobias M. Schneider
Proc. R. Soc. A 473: 20170177
DOI::http://dx.doi.org/10.1098/rspa.2017.0177

筒状の薄い弾性体を軸方向に圧縮する際に起きる座屈に関して、
base stateと座屈状態の境にある(非線形な)不安定解を求めた論文です。

edge stateとして自然に局在した解が求まり、
その解がhomoclinic snakingをなすことが指摘されています。

至らない点があるかと思いますが
よろしくお願いします。

論文紹介2018/05/08

皆様,

数理研D2の石川です。
明日の論文紹介のお知らせをします。

日時:5/8(火) 15:00~
場所:理学研究科5号館413
発表者:石川 寿雄
論文:”Nonlinear development of oscillatory instability in a two-layer system under the combined action of buoyancy and thermocapillary effect”
Simanovskii, Ilya B., and Alexander A. Nepomnyashchy
DOI: 10.1017/S0022112006008858

Degen et al. (1998) が実験的に発見した対流の振動現象を、
熱毛管効果 (thermocapillary effect) を考慮に入れることで
二次元の数値計算によって再現したと主張している論文です。

よろしくお願い致します。

論文紹介2018/05/01

流体研D1の岸です.
明日の論文紹介のお知らせをします.
よろしくお願いします.

以下詳細です.

日時:5/1(火) 15:00~
場所:理学研究科5号館413
発表者:岸 達郎
論文:”Fluid particles only separate exponentially in the dissipation range of turbulence alter extremely long times”
Rohit Dhariwal and Andrew D. Braggk
DOI: 10.1103/PhysRevFluids.3.034604

要旨:
乱流下の2粒子の相対距離の統計についての論文です.
2粒子の相対距離が十分小さく,コルモゴロフ長よりも十分小さいような場合では,
きわめて短い時間では,べき的に,
長時間経過したあとでは,指数関数的に増大することを主張しています.

流体物理学ゼミナール2018/05/01

みなさま

流体研M1の酒井です。
2018年度前期第3回の流体物理学ゼミを以下の通り行います。

日時:【5/1(火) 13:30〜】
場所:理学研究科5号館 413号室
発表者: 酒井
教科書: 田中光宏『非線形波動の物理』(森北出版,2017)

2.4「バーガース方程式の代表的な解」から始めて、第3章3.1までを予定しています。

以上、よろしくお願いします。