kyoryu のすべての投稿

論文紹介2017/10/17

皆様

流体研M2の佐藤です。以下の内容で論文紹介を行います。

日時: 10/17 火 15:00頃-
場所: 理学研究科5号館413号室
発表: 佐藤道矩
論文: Direct Self-Sustained Fragmentation Cascade of Reactive Droplets
Inoue, Chihiro,Izato, Yu-ichiro,Miyake, Atsumi,Villermaux, Emmanuel,2017,Physical Review Letters
DOI:10.1103/PhysRevLett.118.074502
  
線香花火の火花の生成について考察した論文です。線香花火の火花は溶解した火薬の中で気泡が膨張、破裂することで火薬が飛び散り、飛び散った火薬の中でも同様の過程が繰り返されるで生じます。
この現象について繰り返しの回数や、最終的な火花の大きさなどを導出します。
Youtubeの日経新聞のチャンネルに当論文についての動画がアップされていました。リンクを張っておきます。www.youtube.com/watch?v=ZwqxrJumCe4

よろしくお願いします。

論文紹介2017/10/10

皆様

流体研M2の岸です。

論文紹介のお知らせを致します。

日時: 10/9 火 15:00頃-

場所: 理学研究科5号館413号室

発表: 岸 達郎

論文: “ Lagrangian History Effect on Turbulent Pair Dispersion”

Ron Shnapp and Alex Liberzon
arXiv:1707.04785
  
DOI:https://arxiv.org/abs/1707.04785

乱流中の相対拡散について、初期のラグランジュ的な速度差をもちいて条件付き 平均を取ることで
t^3が復活することを実験により示した論文です。

よろしくお願いします。

論文紹介2017/7/11

皆様、

流体研M2の佐藤です。

日時: 7/11 火 15:00-
場所: 理学研究科5号館413号室
発表: 佐藤道矩
論文: Droplet impact on deep liquid pools: Rayleigh jet to formation of secondary droplets.
Castillo-Orozco, E. et al., 2015.
DOI:10.1103/PhysRevE.92.053022

水面に水滴を衝突させた際のjetとjetの先端がちぎれて生じるsecondary dropletについて実験、数値計算両方から調べた論文です

至らぬ点があると思いますが、
よろしくお願いします。

論文紹介2017/7/4

皆様

流体研D2の蛭田です。

日時: 7/4 火 15:00-
場所: 理学研究科5号館413号室
発表: 蛭田佳樹
論文: “Transitional structures in annular Poiseuille flow depending on radius ratio”
Takahiro Ishida, Yohann Duguet and Takahiro Tsukahara
DOI:: 10.1017/jfm.2016.192

Annular Poiseuille flowの中間的なレイノルズ数における流れにおいて現れる、
空間間欠的な乱流構造について調べた論文です。
内外の筒の半径比を変化させると、平板間流れに現れるストライプ様構造から
円筒流れい現れるようなパフ構造に変化してゆきます。

至らぬ点があると思いますが、
よろしくお願いします。

流体力学セミナー

皆様、6/26日(月)の流体力学セミナーを御案内いたします。
御来聴歓迎いたします。

日時:2016年 6月 26日(月) 15:00 から 16:30

場所: 京都大学 数理解析研究所 204号室

講師: Prof. Tamer A. Zaki
(Mechanical Engineering, Johns Hopkins University)

講演題目:
LARGE-SCALE STRUCTURES IN TRANSITIONAL AND TURBULENT BOUNDARY LAYERS

講演要旨:
In transitional and turbulent boundary layers, an interface separates
the non-turbulent and turbulent regions of the flow. In the transition
zone, this interface surrounds localized patches of turbulence that
are formed sporadically and spread to consume the surrounding laminar
flow. In the turbulent regime, the interface marks the free-stream
edge of the boundary layer and separates the vortical near-wall motion
from the outer potential flow. Using direct numerical simulations, we
examine characteristics of this turbulent/non-turbulent (T/NT)
interface. In the case of transition we relate its formation, or the
inception of turbulence patches, to the streaky structures known as
Klebanoff distortions. In the fully turbulent boundary layer,
statistical evidence is presented that the interface is locally
modulated by the large-scale velocity perturbations in both the
streamwise and spanwise directions. The modulation is different when
the coherent structure is high- versus low-speed motion: high-speed
structures lead to a wedgeshaped deformation of the T/NT interface,
which causes an anti-correlation between the angles of the interface
and the internal shear layer. On the other hand, low-speed structures
are correlated with crests in the interface. Finally, the sudden
changes in turbulence statistics across the interface are in line with
the changes in the population of low-speed structures, which consist
of slower mean streamwise velocity and stronger turbulence than the
high-speed counterparts.

+–+–+–+–+–+–+–+–+–+–+–+–+–+–+–+–+–+–+–+–

世話人:山田 道夫(京大数理研), 竹広 真一(京大数理研),
    藤 定義(京大),松本 剛(京大理)
アドバイザー:水島 二郎(同志社大工), 余田 成男(京大理)
連絡先:山田道夫 yamada_at_kurims.kyoto-u.ac.jp
=========================================================

論文紹介2017/6/6

皆様

数理研D1の石川です。

論文紹介のお知らせを致します。

日時: 6/6 火 15:00頃-

場所: 理学研究科5号館413号室

発表: 石川 寿雄

論文: Chantry, Matthew, Laurette S. Tuckerman, and Dwight Barkley.

“Universal continuous transition to turbulence in a planar shear flow.”

arXiv preprint arXiv:1704.03567 (2017).

URL: https://arxiv.org/abs/1704.03567

概要: Chantry et al.(2016) で用いたWaleffe flow を用いて、

2次元のDPとの対応の検証を詳細に行っています。

Waleffe flow では平面 Couette 流の乱流遷移を

低い計算コストで得られることを利用し、

非常に広い領域での数値計算を行っています。

よろしくお願いいたします。

流体物理学ゼミナール2017/5/30

みなさま

流体研M1の丸石です。
第7回の流体物理学ゼミを以下の通り行います。
ご都合の合う方はご参加ください。

日時:【5月30日(火)13:30〜】
場所:理学研究科5館 413号室
発表者: 丸石崇史
範囲: 3.4.2 The Lorenz Equations
(ローレンツ方程式を例にカオスの典型的な性質を見てみよう、という内容です)

教科書のコピーを開始時に配布します。
よろしくお願いします。