カテゴリー別アーカイブ: 論文紹介

論文紹介2021/11/30

皆様

流体研M2の奥山です。

明日(11/30)の論文紹介のお知らせです。


日時:11/30 15:00~ ?
場所:zoom
論文:Henricus H. Wensink, Jörn Dunkel, Sebastian Heidenreich, Knut Drescher, Raymond E. Goldstein, Hartmut Löwen, and Julia M. Yeomans, “Meso-scale turbulence in living fluids”, PNAS, 109(36), 2012

doi:https://doi.org/10.1073/pnas.1202032109

概要:枯草菌(Bacillus subtilis)の高密度懸濁液を用いて実験を行い、メゾスケール乱流状態を測定した。実験結果は、自走する棒状粒子モデルによるシミュレーション結果とよく一致した。同時にバクテリア乱流の連続体方程式を導出し、比較をおこなった。


以上、よろしくおねがいします。

論文紹介2021/10/12

皆様

流体研M2の奥山です。

明日(10/12)の論文紹介のお知らせです.

日時:10/12 15:00~ ?
場所:zoom
論文: Siddhartha Mukherjee , Rahul K. Singh, Martin James, and Samriddhi Sankar Ray, “Anomalous Diffusion and Lévy Walks Distinguish Active from Inertial Turbulence”, PRL, 127, 118001(2021)

doi:https://doi.org/10.1103/PhysRevLett.127.118001

概要:アクティブ乱流の流体力学モデルを用いたシミュレーションを行い、Lévy Walkによるsuper diffusionが発現することを示しました。

以上、よろしくおねがいします.

論文紹介2021/6/22

皆様
流体研M2の奥山です。
明日(6/22)の論文紹介のお知らせです。

日時: 6/22(火) 15:00~
場所: zoom
発表者: 奥山

論文: Kiyoshi Kanazawa, Tomohiko G. Sano, Andrea Cairoli & Adrian Baule,

Loopy Lévy flights enhance tracer diffusion in active suspensions, Nature,  579(7799), 364-367(2020)
DOI : https://doi.org/10.1038/s41586-020-2086-2

Stokes流体中においてactiveなswimmerとtracerとの流体相互作用を考慮したシミュレーションを行い、tracerが実験系で普遍的に見られるBrown運動から大きく外れた統計を示すことを実証しました。

よろしくお願いします。

論文紹介 2021/6/8

皆様
流体研M2の酒井です。
明日(6/8)の論文紹介のお知らせです。

日時: 6/8(火) 15:00~
場所: zoom
発表者: 酒井

論文: Early stage of integrable turbulence in the one-dimensional nonlinear Schrödinger equation:A semiclassical approach to statistics
Giacomo Roberti, Gennady El, Stéphane Randoux, and Pierre Suret
Phys. Rev. E 100, 032212 – Published 19 September 2019
DOI: https://doi.org/10.1103/PhysRevE.100.032212

関数の初期条件をランダムに設定したschrodinger方程式が短い間時間発展するときに、関数の4次モーメントがどう時間変化するかについての近似式を導出し、それと数値計算の結果を比較している論文です。

よろしくお願いします。

論文紹介 2021/5/11

流体研M2の酒井です。
明日(5/11)の論文紹介のお知らせです。

日時: 5/11(火)  15:00〜
場所: zoom
発表者: 酒井

論文: Rogue Wave Observation in a Water Wave Tank
A. Chabchoub, N. P. Hoffmann, and N. Akhmediev
Phys. Rev. Lett. 106, 204502 – Published 16 May 2011
doi: https://doi.org/10.1103/PhysRevLett.106.204502

rogue wave現象の物理的背景との関係が指摘されている、非線形シュレディンガー方程式のPeregrine Soliton解を実験室の水槽実験で再現できた、という論文です。

よろしくお願いします。

論文紹介2021/4/20

皆様

流体研M2の奥山です。

明日(4/20)の論文紹介のお知らせです.

日時:4/20 15:00~ ?

場所:zoom

論文: Tajie Harris, Edward J. Banigan, David A. Christian, Christoph Konradt, Elia D. Tait Wojno, Kazumi Norose, Emma H. Wilson, Beena John, Wolfgang Weninger, Andrew D. Luster, Andrea J. Liu & Christopher A. Hunter “Generalized Lévy walks and the role of chemokines in migration of effector CD8 + T cells”, Nature(2012)

doi:https://doi.org/10.1038/nature11098

概要:リンパ球や白血球の遊走活性を制御するタンパク質であるケモカインが、T細胞が病原体を制御する能力を向上させることを明らかにした論文です。特に慢性感染したマウスの脳内のT細胞集団を3次元トラッキングし、その運動が一般化されたLévy walkでうまく説明できることを示しました。これによりrandom walk的な探索戦略よりも効率的に標的を見つけることが可能になると述べています。

以上、よろしくおねがいします.

論文紹介2020/4/14

皆様、
流体研M2の大西です。

日時 : 4/14(火)15:15~
場所 : Zoom
発表 : 大西祐介
論文 : “Phase separation of quantized vortices in two-component miscible Bose-Einstein condensates in a two-dimensional box potential”
Junsik Han and Makoto Tsubota
DOI: 10.1103/PhysRevA.99.033607

trapされた2成分の2次元BECにおいて、2成分間の相互作用の強さが臨界値以下のときOnsager渦が出現し、臨界値を超えたとき別の状態が出現することを数値計算を用いて調べている論文です。

よろしくお願いします。

論文紹介2019/04/23

皆様

流体研M2の酒井です。
今日の論文紹介のお知らせをします。
よろしくお願いします。

以下詳細です。

日時:4/23(火)15:00〜
場所:理学研究科5号館413
発表者:酒井亮
論文:”On the Kolmogorov and frozen turbulence in numerical simulation of capillary waves”
AN Pushkarev – European Journal of Mechanics-B/Fluids, 1999

要旨:
表面張力波は3波共鳴条件を満たす波ですが、周期境界を課した有限系では
とれる波数が離散化されることにより共鳴条件を満たせなくなります。
その結果エネルギーが低波数から高波数へ移動しなくなる「凍結」が起こります。
このことについてシミュレーションを行ったという論文です。

論文紹介2018/05/15

皆様

流体研D3の蛭田です。

日時: 5/15 火 15:00-
場所: 理学研究科5号館413号室
発表: 蛭田佳樹
論文: “Fully localized post-buckling states of cylindrical shells under axial compression”
Tobias Kreilos and Tobias M. Schneider
Proc. R. Soc. A 473: 20170177
DOI::http://dx.doi.org/10.1098/rspa.2017.0177

筒状の薄い弾性体を軸方向に圧縮する際に起きる座屈に関して、
base stateと座屈状態の境にある(非線形な)不安定解を求めた論文です。

edge stateとして自然に局在した解が求まり、
その解がhomoclinic snakingをなすことが指摘されています。

至らない点があるかと思いますが
よろしくお願いします。

論文紹介2018/05/08

皆様,

数理研D2の石川です。
明日の論文紹介のお知らせをします。

日時:5/8(火) 15:00~
場所:理学研究科5号館413
発表者:石川 寿雄
論文:”Nonlinear development of oscillatory instability in a two-layer system under the combined action of buoyancy and thermocapillary effect”
Simanovskii, Ilya B., and Alexander A. Nepomnyashchy
DOI: 10.1017/S0022112006008858

Degen et al. (1998) が実験的に発見した対流の振動現象を、
熱毛管効果 (thermocapillary effect) を考慮に入れることで
二次元の数値計算によって再現したと主張している論文です。

よろしくお願い致します。