流体物理学ゼミナール2008/11/10

流体力学セミナー流体力学セミナー

11月10日月曜日の
京大数理研流体力学セミナーのお知らせです。

===================================================================
流体力学セミナー 2008 No.8

日時: 11月10日(月)15:00から16:30

場所: 京大数理研 009号室

講師: 畝山多加志 氏
(京都大学化学研究所
複合基盤化学研究系分子レオロジー研究領域)
   
題目: 高分子系のダイナミクスのマルチスケールシミュレーション

概要:高分子は紐状の巨大分子であり、その分子構造のために高分子系では
低分子系では見られない様々な性質が表れる。例えば、高分子溶液や
高分子メルト (溶融体) は粘弾性流体であり、非 Newton 的な流動挙動を
示す。また、複数の異なる種類の高分子のブレンドや異なる種類の
高分子を化学的に結合したブロックコポリマーは様々な相分離構造を
形成し、マクロスケールの物性に影響を及ぼす。

高分子系を扱うためにこれまでに様々な理論・モデルが提唱されている。
しかしながら、高分子系では時間・空間スケールに応じた様々な運動
モードがあるため、単一のモデルで幅広いスケールを一度に扱うのは
難しい。そのため、効率的な粗視化シミュレーション手法の導入や複数の
モデルを連携させるマルチスケールシミュレーション手法の開発が近年
盛んに行われている。本セミナーではまず高分子物理の基礎的概念の説明
(高分子の粗視化理論、静的・動的モデル等) を行い、次に複数のスケールや
モデルを接続するための最近の試みを紹介する。

+–+–+–+–+–+–+–+–+–+–+–+–+–+–+–+–+–+–+–+—-+–+–+

世話人:山田 道夫(京大数理研),松本 剛(京大理), 藤 定義(京大),
アドバイザー:船越 満明(京大情報学)、水島 二郎(同志社大工)、
余田 成男(京大理)
連絡先:山田道夫 yamada@kurims.kyoto-u.ac.jp
=========================================================