論文紹介2008/07/01

論文紹介論文紹介
皆様、

流体研D2の八登です。
明日のセミナー後の論文紹介のお知らせをいたします。

日時 : 7月1日(火)15:00〜16:30
場所 : 理学部5号館413号室
内容 :
“Emergence of singular structures in Oldroyd-B fluids”
Becca Thomases and Michael Shelley,
Physics of Fluids 19, 103103 (2007)

低レイノルズ数でのOldroyd-Bモデルを用いた粘弾性流体に
対して、strain flowを生じさせるような外力を与えて
数値計算を行ったとき、singularな構造が発生することを
確かめた論文です。より現実的な粘弾性モデルと考えられている
FENE-Pモデルを用いた結果との比較も行っています。

よろしくお願いいたします。


====================================================
八登 浩紀 Yatou Hiroki

京都大学大学院理学研究科 物理学・宇宙物理学専攻
物理学第一分野 流体物理学研究室 博士課程2年
====================================================