流体物理学ゼミナール2010/10/04

流体力学セミナー流体力学セミナー

+–+–+–+–+–+–+–+–+–+–+–+–+–+–+–+–+–+–+–+—-+–+–+

流体力学セミナー 2010

日時: 10月4日(月) 15:00 から 16:30

場所: 京大 数理解析研究所 204号室

講師: 村上真也
(神戸大学 大学院自然科学研究科 地球惑星システム科学専攻)

講演題目:
孤立した2次元非一様楕円渦の軸対称化過程において
フィラメントの及ぼす影響

講演要旨:
2次元乱流は多数の渦の運動とみなせるため, 個々の渦の動力学を調
べることは2次元乱流のよりよい理解の助けになるだろう. そのよう
な問題意識の下, Melander, et al.(1987)は非一様な渦度分布を持つ
楕円渦の軸対称化過程を研究した. 楕円渦はその軸対称化過程におい
て, フィラメント状の渦度領域(以下, 単にフィラメントと呼ぶ)を放
出することが知られている. Melanderらはフィラメントが誘起する速
度場が楕円渦を軸対称化させるか否かについて, 定性的な見積りを行っ
た. 我々はこれを数値的に調べ, フィラメントと渦のコア領域の渦度
場が楕円渦の軸対称化に及ぼす影響を議論した. その結果, フィラメ
ントとコアはフィラメントが形成されるタイミングで大きく軸対称化
に寄与していることが分かった. また, フィラメントとコアによる寄
与の大きさは同程度であった.

+–+–+–+–+–+–+–+–+–+–+–+–+–+–+–+–+–+–+–+—-+–+–+
世話人:山田 道夫(京大数理研), 藤 定義(京大),松本 剛(京大理)
アドバイザー:船越 満明(京大情報学)、水島 二郎(同志社大工)、
余田 成男(京大理)
連絡先:山田道夫 yamada@kurims.kyoto-u.ac.jp
=========================================================