流体物理学ゼミナール2004/12/10

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
_/
_/ 流体力学セミナー 2004 No. 10
_/
_/ 日 時 : 04年 12月 20日 (月) 15:00〜16:30
_/
_/ 場 所 : 京大数理研 009号室
_/
_/ 講 師 : 金 英子 氏(京大理学部)
_/
_/ 題 目 : Blinking vortex システムによる粒子混合と
_/ 擬アノソフ型の周期軌道について
_/
_/ 内 容 :
_/ Boyland-Aref-Stremler は組みひもの Thurston-Nielsen (TN) 理論を援用して、
_/ 擬アノソフ型とよばれるある特別なタイプの周期軌道が存在することによって
_/ 発生するカオス的輸送があることを実験によって示した。
_/ TN 理論が保証することは実験で観察された粒子の軌道の複雑さは、擬アノソフ型
_/ の周期軌道の存在のみによって決まり、流れの詳細な性質には依存しないことで
_/ ある。このような擬アノソフ型の周期軌道が強制する混合の複雑さは、
_/ topological chaosと呼ばれている.
_/ 講演ではblinking vortex システムにおける粒子混合について考察する。
_/ 特に、渦糸の強さと渦糸を点滅させるタイミングをうまく選ぶことによって
_/ topological chaos が発生し、その結果、blinking vortex システムにおいては
_/ 広い領域で均一性の高い粒子混合が実現できることを報告したい。
_/
_/ 参考文献:
_/ P. Boyland, H. Aref and M. Stremler, ‘Topological fluid mechanics of
_/ stirring.’ J. Fluid Mech. 403, (2000) 277–304.
_/ 松岡隆, 組みひもの理論と力学系, 物性研究(1996)
_/
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
世話人:大木谷 耕司(京大数研)、藤 定義(京大理)、松本 剛(京大理)、
山田 道夫(京大数研)
アドバイザー:河原 源太(京大工)、小森 悟(京大工)、藤坂博一(京大情報学)、
船越 満明(京大情報学)、水島 二郎(同志社大工)、余田 成男(京大理)
連絡先:ohkitani@kurims.kyoto-u.ac.jp
メールリスト連絡先: semi-adm@kyoryu.scphys.kyoto-u.ac.jp