論文紹介2017/5/9

皆様

流体研D2の蛭田です。

日時: 5/9 火 15:00-
場所: 理学研究科5号館413号室
発表: 蛭田佳樹
論文: “Streamwise decay of localized states in channel flow”
Stefan Zammert and Bruno Eckhardt
DOI:: 10.1103/PhysRevE.94.041101

チャネル流の局在構造の裾部分の性質を線形モデルを用いて解析した論文です。
上流及び下流側の局在構造のdecay lengthおよびwall-nomalのプロファイルを
線形モデルの結果と厳密解で比較し、
矛盾しないという結果が得られています。

至らぬ点があると思いますが、
よろしくお願いします。


蛭田 佳樹 HIRUTA Yoshiki
Fluid Physics Group,
Division of Physics and Astronomy,
Graduate School of Science,
Kyoto University, Japan
E-mail: hiruta’at’kyoryu.scphys.kyoto-u.ac.jp