カテゴリー別アーカイブ: 論文紹介2005

論文紹介2005/10/28

佐藤@京大流体研D2 です。

来週火曜日の論文紹介のお知らせです。

日時 :11/1(火) 15:00〜
場所 :京大理学研究科 5号館 519号室
発表者 :佐藤 海
論文 :”Direct numerical simulation of the very large anisotropic scales
in a turbulent channel”,
DEL ALAMO,J.C.,JIMENEZ,J.,
Center for Turbulence Research Annual Research Briefs,2001.

大規模構造(この論文では「VLAS(Very Large Anisotropic Scales)」と
呼ばれている)に抵触しない、十分に大きい計算BOXを用いて壁面乱流の
数値計算を行った論文です。

よろしくお願いします。

***********************************************
佐藤 海
京都大学流体物理
学研究室博士課程2年
sato@kyoryu.scphys.kyoto-u.ac.jp
***********************************************

戻る [http://www.kyoryu.scphys.kyoto-u.ac.jp/semi/semi2.html]

論文紹介2005/10/25

水上@京大流体研M2 です。

本日の論文紹介のお知らせです。

日時:7/5(火) 15:00-
場所:京大理学研究科 5号館 519号室
発表者:水上 拓也
論文:”Three-dimensional dynamics of vortex-lattice formation in
Bose-Einstein condensates”, Kenichi Kasamatsu, Masahiko Machida,
Narimasa Sasa, and Makoto Tsubota, Phys. Rev. A 71, 063616 (2005)

外部から回転を加えたボーズアインシュタイン凝縮体における渦格子の形成につ
いての論文です。
現象論的な散逸を加えた3次元Gross-Pitaevskii 方程式を用いて渦格子形成のダ
イナミクスを説明しています。

***********************************************
水上 拓也 Takuya Mizukami
京都大学大学院理学研究科 物理学・宇宙物理学専攻
物理学第一分野 流体物理学研究室
修士課程2年 e-mail:tmiz@kyoryu.scphys.kyoto-u.ac.jp
***********************************************
戻る [http://www.kyoryu.scphys.kyoto-u.ac.jp/semi/semi2.html]