カテゴリー別アーカイブ: 論文紹介2004

論文紹介2004/05/24

京大流体D1佐藤です。来週の論文紹介のお知らせです。

日時 : 4/27(火) 15:00〜
場所 : 京大理学研究科 5号館 519号室
論文 : “Low-dimensional dynamics of a turbulent wall flow”
,J.Jimenez & M.P.Simens ,2001,JFM.435,81-91.

壁から遠い領域(外部層)に対して数値的マスク(a numerical mask)をかけることにより、
外部層における壁乱流の渦構造の発達を人工的に抑制する、という内容です。

******************************************
佐藤 海
sato@kyoryu.scphys.kyoto-u.ac.jp
京都大学大学院 理学研究科 流体物理学研究室
******************************************

論文紹介2004/05/30

皆様、

松本剛@京大理です。

今週火曜日の論文紹介の案内です。

日時: 2004年 6月 1日 火曜日 15:00-
場所: 京大理学研究科 5号館 519号室 (いつもの部屋)
発表者: 松本 剛

内容: 論文紹介

“On the physical mechanisms of drag reduction
in a spatially developing turbulent boundary layer
laden with microbubbles”
A.Ferrante and S.Elghobashi,
J.Fluid Mech., 503, pp.345–355 (2004)

乱流境界層に小さな気泡をいれると、最大で80%の抵抗軽減
がおきることが知られています。
この二相流(ちいさな気泡と流体)の数値計算を行なって、
抵抗軽減の機構を物理的に説明したものです。

連絡先: takeshi@kyoryu.scphys.kyoto-u.ac.jp
075-753-3805

論文紹介2004/11/16

COE講演会
主催: 京都大学21世紀COE プログラム
「動的機能機械システムの数理モデルと設計論」
-複雑系の科学による機械工学の新たな展開-

講演者: Prof. Uriel Frisch
Laboratoire Cassiop¥'{e}e,
Observatoire de la C¥^{o}te d’Azur,
CNRS, France

講演題目: Remarks on “dissipative” absolute equilibria and on complex
singularities

日時: 平成16年11月16日(火) 13:30−

場所: 京都大学大学院 工学研究科 機械工学専攻
物理系校舎212 号室
(地図
http://mech-server.mech.kyoto-u.ac.jp/english/traffic/images/yoshida/honbu.gif
にある 28番の建物です。)

Abstract:

In the first part I shall explain why in my opinion
the Cichowlas-Bonaiti-Debbasch-Brachet theory[1] of Kolmogorov-like
turbulent transients is a real breakthrough.

The second part is a progress report on the nature of complex
singularities with emphasis on depletion of nonlinearity (work done
with T. Matsumoto during my stay in Kyoto).

[1] C. Cichowlas, P. Bonaiti, F. Debbasch and M. Brachet
“Kolmogorov Scaling in Truncated 3-D Euler Flows”
(http://jp.arxiv.org/abs/nlin.CD/0410064)

備考:講師は10/20-11/17の期間、工学研究科 機械工学専攻に滞在中です。

————————————————————————-


松本 剛
京大院 理学研究科 物理学第一教室 流体物理学研究室
606-8502 京都市左京区北白川追分町
email: takeshi@kyoryu.scphys.kyoto-u.ac.jp
phone & fax: 075-753-3805

論文紹介2004/06/07

小笠原@流体研D2 です。

明日の論文紹介のお知らせです。

日時 : 6/8(火) 15:00〜
場所 : 京大理学研究科 5号館 519号室
論文 : “Particle Pair Diffusion and Persistent Streamline Topology in
Two-Dimensional Turbulence”, Susumu Goto and J.C.Vassilicos,
New Journal of Physics (to be published)

2次元Navier-Stokes乱流の逆カスケード領域における相対拡散の話です。
淀み点まわりの流線のトポロジーに着目して粒子対の運動を考察したあと、
相対距離の確率密度関数に対する新しいモデルを提唱するという内容です。

-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
小笠原 健
OGASAWARA, Takeshi
京都大学大学院 理学研究科 物理学・宇宙物理学専攻
物理学第一教室 流体物理学研究室 D2