カテゴリー別アーカイブ: 論文紹介2008

論文紹介2008/11/11

論文紹介論文紹介

みなさま

金谷@京大流体D3です。

来週の論文紹介のお知らせをいたします。

日時: 11月11日(火) 15:00〜16:30
場所: 理学研究科 6号館 413号室
発表者: 金谷 健太郎
論文: “Capillary rise of a meniscus with phase change,”
Guy Ramon, Alexander Oron,
J. Colloid Interface Sci. 327 (2008) 145-151.

毛管上昇を記述するルーカス-ウォッシュバーンの式を
相変化の効果を採り入れるように拡張したという論文です。

よろしくお願いいたします。

金谷健太郎

論文紹介2008/10/28

論文紹介論文紹介

松本剛@物理です。

金谷君からの依頼により、10/28(火)の論文紹介は松本が
担当します。

日時 :10/28(火) 15:00–
場所 :京大理学研究科 6号館 413号室
発表者 :松本剛

論文 :

“Velocity Statistics Distinguish Quantum Turbulence
from Classical Turbulence”
M.S.Paoletti, M.Fisher, K.R.Sreenivasan, and D.P.Lathrop,
PRL 101, 154501 (10 Oct., 2008)

量子乱流実験(thermal counter flow)の PIV 測定から、
量子乱流速度の1点分布関数をもとめ、そのテイルが羃則
$P(|v|) ¥sim |v|^{-3}$になっていることを報告しています。

この$|v|^{-3}$テイルについて、量子渦の継ぎ換え(reconnection)
を用いて consistency argument を行っている論文です。


松本 剛
京大院 理学研究科 物理学第一教室 流体物理学研究室
606-8502 京都市左京区北白川追分町
email: takeshi@kyoryu.scphys.kyoto-u.ac.jp
phone/fax: 075-753-3805

論文紹介2008/10/21

論文紹介論文紹介

皆様、

流体研D2の八登です。
明日の論文紹介のお知らせをいたします。
前回の続きです。
よろしくお願いいたします。

日時 : 10月21日(火)15:00 〜
場所 : 理学部5号館413号室
発表者:八登浩紀
論文 : “Continuum theory of memory effect in crack patterns
of drying pastes”, Ooshida Takeshi, Phys. Rev. E (2008) 77, 061501


====================================================
八登 浩紀 Yatou Hiroki
sanmaya@kyoryu.scphys.kyoto-u.ac.jp
京都大学大学院理学研究科 物理学・宇宙物理学専攻
物理学第一分野 流体物理学研究室 博士課程2年
====================================================

論文紹介2008/10/14

論文紹介論文紹介

皆様、

流体研D2の八登です。
明日の論文紹介のお知らせをいたします。
よろしくお願いいたします。

日時 : 10月14日(火)15:00 〜
場所 : 理学部5号館413号室
発表者:八登浩紀
論文 : “Continuum theory of memory effect in crack patterns of drying pastes”,
Ooshida Takeshi,
Phys. Rev. E (2008) 77, 061501


====================================================
八登 浩紀 Yatou Hiroki

京都大学大学院理学研究科 物理学・宇宙物理学専攻
物理学第一分野 流体物理学研究室 博士課程2年
====================================================

論文紹介2008/07/29

論文紹介論文紹介

みなさま、

数理研 M2 の小布施です。
次回の論文紹介は以下の日時、内容で行います。

日時 : 7月29日(火)15:00 〜
場所 : 理学部5号館413号室
発表者:小布施祈織
論文 : ” Generation of zonal flows by Rossby waves in the atmosphere”,
O.G. Onishchenko, O.A.Pokhotelov, R.Z.Sagdeev,
P.K.Shukla, and L.Stenflo,
Nonlinear Processes in Geophysics(2004)11,241-244

磁化プラズマ内でのドリフト波の方程式と同じ構造を持つ
Charney 方程式を用いて、浅水方程式系においてのRossby波
とzonal流の相互作用及び zonal流の形成について調べている
論文です。

zonal流の時間変化を Rossby 波によるレイノルズ応力で書き
表した式と、 Rossby 波と zonal 流の相互作用の式を用意した
後、それらを用いて最大増幅率をもつ zonal 流のモードと、
その伝播速度を計算します。

そして最後に、地球のパラメータを用いての確認と、過去の研究
との比較を行います。

最初の方でプラズマ関係の内容が出てきており、充分に理解出来
ていないのですが 、プラズマの部分は本題とは殆ど関係が無い
ので、この論文を選びました。理解が不充分なところがありますが、
どうぞよろしくお願い致します。

*************************************************************
小布施 祈織 OBUSE, Kiori
京都大学 理学研究科 数学・数理解析専攻(数理解析研究所)
修士課程 2 年
obuse@kurims.kyoto-u.ac.jp
*************************************************************

論文紹介2008/07/15

論文紹介論文紹介

みなさま

金谷@京大流体D3です。

明日の論文紹介のお知らせをいたします。

日時: 7月15日(火) 15:00〜16:30
場所: 理学研究科 6号館 413号室
発表者: 金谷 健太郎
論文: “Onset of convection in two liquid layers with phase change,”
G. B. McFadden, S. R. Coriell, K. F. Gurski, and D. L. Cotrell,
Phys. Fluids *19, *104109 (2007).

鉛直方向に温度勾配のある
相変化の起こる水平な気液二層の
線形安定性を調べています。
二相間のエントロピーの差の大きさに依って
不安定性の要因が異なることを示しています。
長波長および短波長の極限や
レイリー-テイラー不安定な場合の解析も
なされています。

よろしくお願いいたします。

金谷健太郎

論文紹介2008/07/01

論文紹介論文紹介
皆様、

流体研D2の八登です。
明日のセミナー後の論文紹介のお知らせをいたします。

日時 : 7月1日(火)15:00〜16:30
場所 : 理学部5号館413号室
内容 :
“Emergence of singular structures in Oldroyd-B fluids”
Becca Thomases and Michael Shelley,
Physics of Fluids 19, 103103 (2007)

低レイノルズ数でのOldroyd-Bモデルを用いた粘弾性流体に
対して、strain flowを生じさせるような外力を与えて
数値計算を行ったとき、singularな構造が発生することを
確かめた論文です。より現実的な粘弾性モデルと考えられている
FENE-Pモデルを用いた結果との比較も行っています。

よろしくお願いいたします。


====================================================
八登 浩紀 Yatou Hiroki

京都大学大学院理学研究科 物理学・宇宙物理学専攻
物理学第一分野 流体物理学研究室 博士課程2年
====================================================

論文紹介2008/06/03

論文紹介論文紹介
みなさま、

数理解析研究所 M2 の小布施です。
以下、次回の論文紹介のお知らせです。
論文は今週の火曜日に予定していたもののままです。

日時:6/3(火) 15:00 〜
場所:京大理学研究科 5号館 413号室
発表者:小布施 祈織
論文:”β-plane turbulence in a basin with no-slip boundaries”,
W. Kramer, M. G. van Buren,
H. J. H. Clercx, and G. J. F van Heijst
Physics of Fluids 18,026603(2006)

β平面上での2次元流を非周期的ですべりの無い境界の下で考えると、
すべり有りの境界条件の下での解である basin modes の存在が確認されたり、
周期境界条件下で見られる zonal band 構造がみられたりします。

この論文では
β平面上での乱流と波についての基本を述べた後、
上記の結果を示す数値計算および
すべり無しの境界条件がβ平面上での強制乱流に及ぼす影響と
境界層の厚さのスケーリングを行います。

*************************************************************
小布施 祈織 OBUSE, Kiori
京都大学 理学研究科 数学・数理解析専攻(数理解析研究所)
修士課程 2 年
obuse@kurims.kyoto-u.ac.jp
*************************************************************

論文紹介2008/04/22

論文紹介論文紹介
皆さま。

流体研M2の森田です。

論文紹介のお知らせです。

日時:4/22(火) 15:00〜
場所:京大理学研究科 5号館 413号室
発表者:森田 浩之
論文:”Critical Behavior in the Relaminarrization of Localized Turbulence in Pipe
Flow,”
Ashley P.Willis and Rich R.Kerswell
PRL 98,014501(2007).

************

森田 浩之
moritakun@hotmail.com

************