カテゴリー別アーカイブ: 論文紹介2010

論文紹介2010/06/01

論文紹介論文紹介

皆様

流体研M2の河野です。
明日の論文紹介のお知らせをいたします。

日時:6月1日(火)15:00〜(前のセミナーが終わり次第)
場所:理学研究科5号館413号室
発表者:河野 俊輔
論文:”Nano bubbles in liquid of a noble-gas mixture”
Takenori Yamamoto and Shuhei Ohnishi
Physical Chemistry Chemical Physics 12 (2010) 1033-1037

Ar-Ne液体中のナノバブルの生成と、等温下でのOstwald成長に伴う
小さなバブルの崩壊について、大規模なMDシミュレーションを行った論文です。
後半では表面張力を計算し、またnucleation rateについて理論との比較を
行っています。

以上、至らない点もあるかと思いますが、よろしくお願いいたします。

=================================================
河野 俊輔 KOHNO Shunsuke
京都大学大学院理学研究科 物理学・宇宙物理学専攻
物理学第一分野 流体物理学研究室 修士課程
E-mail:kohno@kyoryu.scphys.kyoto-u.ac.jp
================================================

論文紹介2010/05/25

論文紹介論文紹介

皆様

流体物理学研究室M2の岡橋です。
論文紹介を以下のように行います

日時:5月25日(火)
時刻:15時過ぎ(前のセミナーが終わり次第)
場所:理学部5号館413号室
発表者:岡橋裕介
論文:Effects of interfacial velocity boundary condition on turbulent
mass transfer at high Schmidt numbers
Yosuke Hasegawa, Nobuhide Kasagi
International Journal of Heat and Fluid Flow 28 (2007) 1192-1203

気体ー液体界面での物質輸送の問題を考えるときの、境界条件の影響を
調べています。
数値計算を行っており、その手法はDNSとLESを混ぜながら計算している
論文です。境界条件をfree surfaceとsolid surfaceの二種類用意し、
その境界条件による物質輸送の性質の違いを見ています。また、シュミット数Sc
について、Sc=1, Sc=100の二つの場合を考え、高Sc数における物質輸送の性質
も見ています。

よろしくお願いします。