カテゴリー別アーカイブ: 論文紹介2012

論文紹介2012/10/23

論文紹介論文紹介

皆様

流体研M2の寺村です。
明日10/23(火)の論文紹介のお知らせを致します。

日時:10月23日(火)15:00–
場所:理学研究科5号館413号室
発表者:寺村俊紀

論文:
G. Ahlers, S. Grossmann, D. Lohse
“Heat transfer and large scale dynamics in turbulent Rayleigh-Benard convection”
Rev. Mod. Phys 81(2009)

近年の乱流Rayleigh-Benard対流に対する成果を概観するレビューです。
前半でRaynolds数とNusselt数のPrantl数とRayleigh数に対する
依存性について著者らの理論[Grossmann & Lohse(2000,2001,2002,2004)]が展開され、
実験、数値計算との比較、Non-Oberbeck-Boussinesq効果に関する考察が続きます。

今回は寺村が論文紹介を2週連続で行ないます。
明日は前半の理論の部分を重点的に扱い、
翌週は後半の実験、数値計算との比較の部分を扱います。

至らない点が多々あるかと思いますが、よろしくお願いいたします。


===============================================
寺村 俊紀 TERAMURA Toshiki
京都大学理学研究科 流体物理学 研究室 修士課程
Email: teramura__at__kyoryu.scphys.kyoto-u.ac.jp
TEL: 075-753-3085 (研究室)
===============================================

論文紹介2012/10/16

論文紹介論文紹介

皆様

流体研D2の河野です。
10月16日(火)の論文紹介のお知らせをいたします。

日時:10月16日(火)15:00–
場所:理学研究科5号館413号室
発表者:河野俊輔

論文:”A Deliberation on Nanobubbles at Surfaces and in Bulk”
J.R.T.Seddon, D.Lohse, W.A.Ducker and V.S.J.Craig, ChemPhysChem 13 2179, 2012
基板上のナノバブルとバルク中のナノバブルの安定性、維持機構について
著者らが提案してきたものとそれに対する批判を含め、
結論が見えない中で現時点での短い総括をした論文です。

至らない点が多々あるかと思いますが、よろしくお願いいたします。


=================================================
河野 俊輔 KOHNO Shunsuke
京都大学大学院理学研究科 物理学・宇宙物理学専攻
物理学第一分野 流体物理学研究室 博士課程
E-mail:kohno__at__kyoryu.scphys.kyoto-u.ac.jp
================================================

論文紹介2012/10/09

論文紹介論文紹介

皆様

数理研D1の石本です。
明日10月9日(火)の論文紹介のお知らせを致します。

日時: 10月9日(火) 15:00–
場所: 理学研究科5号館413号室
発表者: 数理研D1 石本健太

論文:
“Kinematics of the most efficient cilium”
C. Eloy and E. Lauga, PRL, 109, 038101, 2012.

繊毛を弾性棒でモデル化し流体の輸送効率を
最大にする繊毛のストロークを数値計算で求めています。
弾性棒の堅さ/柔らかさとストロークの2D/3D性
によって最適なパターンが異なることを報告しています。

至らない点が多々あるかと思いますが、よろしくお願い致します。

石本健太 (Kenta ISHIMOTO)
京都大学 理学研究科 数学 数理解析専攻 博士1年
Ph.D. student, Research Institute for Mathematical Sciences, Kyoto University
MAIL: ishimoto__at__kurims.kyoto-u.ac.jp

論文紹介2012/07/10

論文紹介論文紹介

皆様

流体研D1の高木です。
明日7月10日(火)の論文紹介のお知らせを致します。

日時: 7月10日(火) 15:00–
場所: 理学研究科5号館413号室
発表者: 流体研D1 高木健太郎

論文:
“Ejection of Uniform Micrometr-Sized Droplets
from Faraday waves on a Millimeter-Sized Water Drop”
S. C. Tsai et al., PRL, 108, 154501, 2012.

ミリメートルサイズの水のドロップから高速に
マイクロメートルサイズの単分散の液滴が放出される現象
を報告しています。
これに関して理論解析を行い、「高速」に「単分散」な液滴が
放出されるメカニズムにファラデー波の不安定性が関わっていること
を示しています。

至らない点が多々あるかと思いますた、
よろしくお願い致します。

===========================================
TAKAGI Kentaro
Division of Physics and Astronomy,
Graduate School of Science,
Kyoto University, Japan
E-mail: kentaro__at__kyoryu.scphys.kyoto-u.ac.jp
===========================================

論文紹介2012/07/03

論文紹介論文紹介

皆様

流体研M2の寺村です。
明日7月3日(火)の論文紹介のお知らせを致します。

日時: 7月3日(火) 15:00–
場所: 理学研究科5号館413号室
発表者: 流体研M2 寺村俊紀

論文:
“Recurrent motions within plane Couette turbulence”,
D. Viswanath, J.Fluid Mech.(2007), vol.580, pp.339-358.

壁乱流におけるバースト現象のメカニズムを調べるため、
streamwise/spanwaiseの両方向に並進する周期解
(relative periodic solutions)を数値的に求めています。

また周期解を求めるためにNewton法とoptimal hook stepを
組合せた新しい手法を提案しています。

至らない点が多々あるかと思いますた、
よろしくお願い致します。


===============================================
寺村 俊紀 TERAMURA Toshiki
京都大学理学研究科 流体物理学 研究室 修士課程
Email: teramura__at__kyoryu.scphys.kyoto-u.ac.jp
===============================================

論文紹介2012/06/26

論文紹介論文紹介

皆様,

数理研D3の佐々木英一です.
明日6月26日(火)の論文紹介のお知らせをいたします.

日時: 6月26日 (火) 15:00–
場所: 理学研究科5号館413号室
発表者:数理研D3 佐々木英一
論文: “Triple cascade behavior in quasigeostrophic and
drift turbulence and generation of zonal jets”,
S. Nazarenko and B. Quinn, PRL, 103, 118501, 2009.

ベータ平面上の順圧準地衡流方程式(CHM方程式)における乱流の帯状流形成
に関する論文です.エネルギー,エンストロフィーに加え擬保存量である
zonostrophyのカスケードの方向を数値的に調べています.

至らない点が多々あるかと思いますが,
よろしくお願いいたします.

————————————————-
京都大学大学院 数理解析研究所 博士3年 佐々木英一
SASAKI Eiichi
Research Institute for Mathematical Sciences,
Kyoto University, Japan
e-mail: esasaki__at__kurims.kyoto-u.ac.jp

論文紹介2012/06/12

論文紹介論文紹介

皆様,

数理研D3の木村恵二です.
明日6月12日(火)の論文紹介のお知らせをいたします.

日時: 6月12日 (火) 15:00–
場所: 理学研究科5号館413号室
発表者:数理研D3 木村恵二
論文: “Boundary layer control of rotating convection systems”,
E.M. King, S. Stellmach, J. Noir, U. Hansen and J.M. Aurnou,
Nature 457, 301-304 (2009).

回転系の熱対流問題では,熱対流パターンが
回転の影響を強く受けているパラメタ領域と,
非回転の場合と同じような振る舞いをしているパラメタ領域が存在する.
従来,全体の力学バランスを考えることで
このパラメタの境界が調べられてきたが,
統一的な描像は未だ存在しない.
そこで本論文では,
平面間のRayleigh-Benard問題について実験及び数値計算を用い,
全体の力学バランスではなく,
Ekman 境界層と温度境界層の厚さに注目し,
このパラメタ境界を記述することを試みている.
特に上記のパラメタ境界でNusselt数のRayleigh数依存性が
変化することに着目し,
Ekman 境界層が温度境界層よりも薄ければ
熱対流パターンは回転の効果が卓越した時の振る舞いを示し,
逆に温度境界層の方が薄くなれば
熱対流パータンは非回転の場合と同じような振る舞いを示すことを示した.

至らない点が多々あるかと思いますが,
よろしくお願いいたします.

—————————————————————
KIMURA Keiji Ph.D student
Research Institute for Mathematical Sciences, Kyoto University,
Kitashirakawa Oiwake-cho, Sakyo-ku, Kyoto 606-8502, Japan
Web : http://www.kurims.kyoto-u.ac.jp/‾kimura/
Email: kimura__at__kurims.kyoto-u.ac.jp
—————————————————————

論文紹介2012/06/05

論文紹介論文紹介

皆様

数理研D3の犬伏正信です。
6月5日の論文紹介のお知らせをいたします。

日時:6月5日(火)15:00–
場所:理学研究科5号館413号室
発表者:犬伏正信
論文:”From temporal to spatiotemporal dynamics in transitional plane
Couette flow”
J. Philip and P. Manneville, Phys. Rev. E 83, 036308 (2011)

平面クエット流の室内実験ではこれまで大きなアスペクト比(平板長さ/平板間
距離)の系が主に調べられ,
乱流遷移において層流-乱流の傾斜バンド(turbulent oblique bands)が観測され
ています.
これに対して,数値的研究では小さなアスペクト比の系(ミニマルクエット流)が
主に調べられてきました.
この論文では,実験で調べられている大きなアスペクト比での乱流遷移と
ミニマルクエット流の乱流遷移の関係を調べ,
その2つの遷移型が交差するサイズ(アスペクト比)を求めています.

至らない点が多々あるかと思いますが,宜しくお願いいたします.

論文紹介2012/05/29

論文紹介論文紹介

皆様

流体研の河野です。
5月29日の論文紹介のお知らせをいたします。

日時:5月29日(火)15:00–
場所:理学研究科5号館413号室
発表者:河野俊輔
論文:”Large-scale molecular dynamics verification of
the Rayleigh-Plesset approximation for collapse of nanobubbles”
R.Holyst, M.Litniewski, P.Garstecki, Phys. Rev. E, 82, 066309 (2010)

MDでアルゴンのvoidの崩壊をシミュレーションし、その寿命や時間発展が
有限サイズ効果が効いてしまう一部設定を除いて、
Rayleigh-Plesset方程式でよく記述できることを確かめた論文です。

至らぬ点が多々あるかと思いますが、よろしくお願いいたします。


=================================================
河野 俊輔 KOHNO Shunsuke
京都大学大学院理学研究科 物理学・宇宙物理学専攻
物理学第一分野 流体物理学研究室 博士課程
E-mail:kohno__at__kyoryu.scphys.kyoto-u.ac.jp
================================================

論文紹介2012/05/08

論文紹介論文紹介

皆様,

京大数理研D1の石本健太です。
5月8日の論文紹介のお知らせを致します.

日時:5月8日(火)15:00–
場所:理学研究科5号館413号室
発表者:石本健太
論文: “Dictyostelium amoebae and neutrophils can swim”
N. P. Barry and M. S. Bretscher, Proc. Natl. Acad. Sci. USA, 107 (2010) 11376-11380.

伝統的に基盤上を這って移動するとされていたアメーバと白血球の一種である好中球が,
基盤なしでも水中で泳ぐことが可能であると実験的に証明しています.
また、この論文に対する理論計算を行ったレター論文も紹介する予定です.

至らぬ点も多々あると思いますがよろしくおねがいします。

石本健太 (Kenta ISHIMOTO)
京都大学 理学研究科 数学・数理解析専攻 博士1年
Ph.D. student, Research Institute for Mathematical Sciences, Kyoto University
MAIL: ishimoto__at__kurims.kyoto-u.ac.jp