カテゴリー別アーカイブ: 論文紹介2007

論文紹介2007/12/20

みなさま

金谷@京大流体D2です。

明日の論文紹介は、
前回発表する予定だったものです。

前回私の代わりに論文紹介を担当してくださった
松本剛氏には、この場をお借りして
厚くお礼を申し上げます。

日時:12/18(火) 15:15〜
場所:京大理学研究科 6号館 402号室
発表者:金谷 健太郎
論文:”Convection in thick and in thin fluid layers
with a free surface ― The influence of evaporation,”
M. Bestehorn,
Eur. Phys. J. Special Topics 146, 391 (2007).

今回の論文は2部構成になっています。

まず初めに、蒸発のある厚い流体層における
ベナール-マランゴニ対流が論じられています。
温度場がパターンを形成することを
数値計算によって示しています。

次に、薄い流体層におけるパターン形成が
取り上げられています。
蒸発がない系では粗視化が起こり
流体が滴や穴を形成するのに対し、
蒸発がある系では粗視化や破裂が起こらず、
定常で周期的なパターンが出現することを
示しています。

金谷健太郎

戻る [http://www.kyoryu.scphys.kyoto-u.ac.jp/semi/semi2.html]

論文紹介2007/12/04

皆様、

流体研D1の八登です。
本日の論文紹介のお知らせをいたします。
連絡が遅れまして申し訳ありません。

日時:12/4(火) 15:00〜
場所:京大理学研究科 6号館 402号室
発表者: 八登 浩紀
論文:” Observation of Inertial Energy Cascade
in Interplanetary Space Plasma”
L. Sorriso-Valvo, R. Marino, V. Carbone, A. Noullez,
F. Lepreti, P. Veltri, R. Bruno, B. Bavassano, and E. Pietropaolo Phys. Rev.
Lett. 99, 115001 (2007)


====================================================
八登 浩紀 Yatou Hiroki

京都大学大学院理学研究科 物理学・宇宙物理学専攻
物理学第一分野 流体物理学研究室 博士課程1年
====================================================

戻る [http://www.kyoryu.scphys.kyoto-u.ac.jp/semi/semi2.html]

論文紹介2007/10/29

皆様、

京大流体研D1の八登です。
明日の論文紹介のお知らせをいたします。
よろしくお願いいたします。

日時:10/30(火) 15:00〜
場所:京大理学研究科 6号館 402号室
発表者: 八登 浩紀
論文:”The role of ambipolar diffusion in the formation
process of moderately magnetized diffuse clouds”

Tsuyoshi Inoue, Shu-Ichiro Inutsuka, Hiroshi Koyama

Astrophysical Journal 658 (2007) L99-L102

熱的不安定によって高温相と低温相の二層に分離する
星間空間の系で、磁場を入れたらどうなるのか、という話です。
星間物質はプラズマで、中性成分とイオンの二成分流体である
として数値計算を行っている点に特徴があります。


====================================================
八登 浩紀 Yatou Hiroki

京都大学大学院理学研究科 物理学・宇宙物理学専攻
物理学第一分野 流体物理学研究室 博士課程1年
====================================================

戻る [http://www.kyoryu.scphys.kyoto-u.ac.jp/semi/semi2.html]

論文紹介2007/10/16

みなさま、

流体研の水田です。

明日の論文紹介のお知らせです。

日時:10/15(火) 15:00〜
場所:京大理学研究科 6号館 402号室
発表者: 水田 敦
論文:”Buoyancy-driven coalescence
of spherical drops covered
with incompressible surfactant
at arbitrary Peclet number”

Michael A.Rother and Robert H.Davis

J.Colloid Interface Sci.270 (2004) 205-220

drop二つの界面活性剤存在下での、
collision efficiency についての、
数値計算結果についてのお話しです。

———————————————–
水田 敦 MIZUTA Atsushi

京都大学大学院理学研究科 物理学・宇宙物理学専攻
物理学第一分野 流体物理学研究室 修士課程2年
———————————————–

戻る [http://www.kyoryu.scphys.kyoto-u.ac.jp/semi/semi2.html]

論文紹介2007/10/14

みなさま

金谷@京大流体D2です。
後期もセミナーを頑張りましょう。

明日の論文紹介のお知らせです。

日時:10/9(火) 15:00〜
場所:京大理学研究科 6号館 402号室
発表者:金谷 健太郎
論文:”Suppression of the Rayleigh-Taylor instability
of thin liquid films by the Marangoni effect,”
Alexander Alexeev and Alexander Oron,
Phys. Fluids 19, 082101 (2007).

基板下部に付着した液膜の
レイリー-テイラー不安定性が
マランゴニ効果によって抑えられる
というお話です。

2次元および3次元における
ナビエ-ストークス方程式と長波発展方程式の
数値計算によって、温度勾配がある臨界値を
越えたとき、非自明な破裂のない定常解が
現れるということを示しています。

金谷健太郎

戻る [http://www.kyoryu.scphys.kyoto-u.ac.jp/semi/semi2.html]