カテゴリー別アーカイブ: 論文紹介2016

論文紹介2016/7/12

日時: 7/12 火 15:00-
場所: 理学研究科5号館413号室
発表: 蛭田佳樹
論文: “Localization in a spanwise-extended model of plane Couette flow”
M. Chantry and R. R. Kerswell
DOI:10.1103/PhysRevE.91.043005

plane Couette flowを模した9-PDE model(1-time 1space)において、
狭い領域における空間全体に広がる解と、広い領域内でspan方向に局在した解の
関係を調べた論文です。

このモデル内では、modulational instabilityは直接関係なく、解が接続すること、
Homoclinic snakingの様子は見られなかったことが報告されています。

至らぬ点があると思いますが、
よろしくお願いします。

論文紹介2016/7/5

数理研M2の石川です。
明日の論文紹介の詳細を連絡致します。

日時: 7/5 火 15:00頃~
場所: 理学研究科5号館413号室
発表: 石川 寿雄
論文: “Speed and structure of turbulent fronts in pipe flow”
Baofang Song, Dwight Barkley, Björn Hof & Mark Avila
arXiv:1603.04077v1

Pipe flow のDNSを実行し、Barkley(2015) のモデルと比較しながら考察したもので
す。
Puff から slug への転移、および weak slug から strong slug への転移について
議論が行われています。

よろしくお願いします。

論文紹介2016/6/14

皆様

流体研M2の陳です。
明日の論文紹介の詳細を連絡致します。

日時: 06/14 火 15:00-
場所: 理学研究科5号館413号室
発表: 陳運開
論文: “The negative wake behind a sphere sedimenting through a viscoelastic
fluid”
Oliver G. Harlen
doi:10.1016/S0377-0257(02)00139-8

至らぬ点があると思いますが、
よろしくお願いします。

論文紹介2016/5/31

皆様

流体研D1の蛭田です。

日時: 5/31 火 15:00-
場所: 理学研究科5号館413号室
発表: 蛭田佳樹
論文: “Network structure of two-dimensional
decaying isotropic turbulence”
Kunihiko Taira, Aditya G. Nair and Steven L. Brunton
DOI::10.1017/jfm.2016.235

二次元減衰乱流における相互作用のネットワーク構造を調べた論文です。
著者は渦(度)が流れ全体に及ぼす影響に、
スケールフリーな関係が見られると主張しています。
少なくとも、論文で扱われた系においては、
少数のhubに対応するものが、
流れ全体のダイナミクスを決めているようです。

至らぬ点があると思いますが、
よろしくお願いします。

論文紹介2016/5/24

皆様

数理研M2の石川です。
明日の論文紹介の詳細を連絡致します。

日時: 5/24 火 15:00頃~
場所: 理学研究科5号館413号室
発表: 石川 寿雄
論文: “The rise of fully turbulent flow”
Dwight Barkley, Baofang Song, Vasudevan Mukund, Gregoire Lemoult, Mark
Avila & Bjorn Hof
doi:10.1038/nature15701

乱流遷移過程にある pipe flow にいて、乱流領域の性質の変化(puff→slug)を捉え
るモデルを構築した論文です。筆者による過去のモデルの問題点を解消したものになっ
ています。

よろしくお願いします。

論文紹介2016/4/26

皆様

流体研の寺村です。
明日の論文紹介についてお知らせします。

日時: 4/26火 15:00-16:30
場所: 理学研究科5号館413号室
発表: 寺村俊紀
論文:”Estimating dimension of inertial manifold from unstable periodic orbits”

X. Ding, H. Chaté, P. Cvitanović, E. Siminos, and K. A. Takeuchi
http://arxiv.org/abs/1604.01859

arXivの記事ですが面白いので報告します。

Kuramoto-Sivashinsky方程式による時空カオス系は非双曲的なので

Covarient Lyapunov Vector(CLV)が交差します。

ただし、すべてのモードが交差するわけではなく”Physical mode”と呼ばれる

少数のモードだけが交差します。

この論文ではCLVではなく、アトラクタ中に埋め込まれている周期軌道のFloquet

モードでも同様の性質を持っていることが示されています。

以上です。
寺村

論文紹介2016/4/19

皆様

流体研M2の陳です。
明日の論文紹介の詳細を連絡致します。

日時: 04/19 火 15:00-
場所: 理学研究科5号館413号室
発表: 陳運開
論文: “An immersed boundary lattice Boltzmann approach to simulate deformable
liquid capsules and its application to microscopic blood flows”
Junfeng Zhang, Paul C Johnson and Aleksander S Popel
doi:10.1088/1478-3975/4/4/005

著者はimmersed boundary lattice Boltzmann method
を使って、赤血球をdeformable liquid capsulesにモデルとして
毛管の中の赤血球のいくつの現象を再現できました。

至らぬ点があると思いますが、
よろしくお願いします。